Nemesis(ネメシス)

Last-modified: Tue, 14 May 2019 23:26:45 JST (70d)
Top > Nemesis(ネメシス)

DPM(1分間のダメージ)計算:here    ステータス上昇計算:here

ネメシス.jpg私はネメシス、驕れる者への呵責なき罰の象徴。
同時に、神罰をなだめ恩恵を施す。
分からない?そうね、今風に言えばメンヘラかしら。なんてね、ウフフ
Nemesis_00056.png
 

Basic Data

重量武器スロットモジュール耐久力(Lv12)速度(MAX)防御機構アビリティー特性アビリティークールタイム
中212317000052なし(通常時)防御・攻撃リトリビューション8秒*1
リトリビューション
効果:a. 全方向性の無敵・攻撃吸収シールド(アブソーバ)を展開 → b. その間に敵から受けたダメージを吸収 → c. ミサイルを発射
②留意点:a. 実弾(マシンガン)には、無敵シールド展開中に敵から受けたダメージ分が上乗せされる(上乗せダメージの上限:)
     b. 無敵シールドには形式上、耐久値に限界が設けられているが、おそらく破壊不可能と思われる(未検証)
効果時間4秒 クールタイム8秒 
 
内蔵武器について
武器の性質爆発系} 射程距離500m 装弾数20発 発射時間2秒  爆風範囲20m
 

Point

 
  • 火力:中2 ≒ 軽1重1 ≒ 軽3 ⇒ Pursuer(パーサー)Hellburber(ヘルバーナー)Nemesis(ネメシス) = Kumiho(クミホ)Mender(メンダー)Blitz(ブリッツ)Hades(ハデス)
  • 中スロット2つで火力が低めのため、アビリティーのダメージを積極活用することが望ましい。
    • この点、ダメージ吸収時間が短い代わりに頻繁に使えるので、ダメージ吸収分のバフが少ない反面、速射時(十分に吸収しないで発射)のロスが少ないとも言える。
    • 従って、Nemesis(ネメシス)は「ある程度の被弾を覚悟で、通常攻撃にアビリティー・ダメージを上乗せする」または「中距離に特化して、味方のサポート要員となる」ことが有効かもしれない。
  • パンテオン・シリーズ中、内蔵武器のDPS(≒瞬間火力)・DPM(≒継続火力)共に、最も高い。DPSは全武器中最高クラスという、実は潜在的に高スペックな機体。
    • 「(アビリティーの)基本ダメージ分:36600(MK1)/43920(MK2)」はTulumbas(トランバス)2本分近い総ダメージ(全弾発射時)があるので、それほどバカに出来ない火力となる。
    • なお、爆風範囲は、Tulumbas(トランバス)より若干狭い模様(20m)。
    • シールドで味方を保護しながら、中距離から火力支援を行えば、なかなか厄介な存在になり得るかもしれない。
       
       
  • アブソーバ(無敵・攻撃吸収シールド)について
    • 至近距離(m以内)でMercury(マーキュリー):ヘルダイヴ・Hellburber(ヘルバーナー):オーバーロードの攻撃を受けるとダメージを受ける
    • また、他の防御機構と同じく、シールド内(本体との距離:?m以内)で通常攻撃を受けると、被弾する。
    • このため、機動力のある機体やステルス機体(特に、Mercury(マーキュリー)Pursuer(パーサー)は天敵)に近寄られると、耐久力の低いパンテオン・シリーズは容易に破壊されてしまう。
    • 「➀主に中距離で運用する」「②単体で行動しない」「③ショットガン武器(Gust(ガスト)系統・Halo(ヘイロー)系統)で迎え撃つ」などが対策として想定できるかもしれない(未確定)。
       
    • 装備武器については、パンテオン・シリーズの機体ごとに、攻撃吸収後の攻撃属性がそれぞれ異なる(キネティック爆発系エネルギー)ため、武器系統が同じものをメインに据えるのが無難だろう。
    • ただし、以前とは異なり、武器系統・属性・射程距離・その他の性質で統一することが最も効果的とは限らないので、下記のSetup項目を参考に、自分にとって実現可能な最適の組み合わせを考えてみて欲しい。
    • 一般的に、中・重武器には高火力、軽武器にはロックダウンといった組み合わせがお勧め。確率バグ(?)が修正されたので、効果を期待するには、やはり複数本揃えた方がいいだろう。
    • 特に、Mercury(マーキュリー)に対しては、ロックダウンにより、アビリティーそのものを使用停止に追い込める(他のディセンド機の場合、ジャンプ出来ないがステルス機能だけは使用可能)ので有効となる。
 
 
 
 
 

Setup

装備解説
Orkan(オルカン)×2アビリティーの射程距離的にはTulumbas(トランバス)だが、ほとんど火力が出ない。こちらの方が無難。Taran(タラン)でもよいが、性質(爆発系とエネルギー)が違うので注意。
Pulsar(パルサー)×2中距離からロックダウンで動きを止めて、攻撃出来る。Pulsar(パルサー)2本と内蔵武器を合わせると、Dragoon(ドラグーン)2.5本~3.5本分もの総ダメージとなる。アビリティーのクールタイム(8秒)とPulsar(パルサー)のリロードタイム(5秒)+撃ち切り時間(4秒)を考慮しても、相性が良いと思われる。この中々の高火力を、頻繁に撃てるのが最大の強み
Corona(コロナ)×2ロックダウン武器を使うなら、上記、Pulsar(パルサー)の方が適している。無敵シールド展開時間が短いので、ステルス機の効果時間の長さを考えると、接近戦は向いていないと思われる。
Scourge(スカージ)×2中~近距離戦を柔軟に行えるが、➀ロックに時間が掛かり、②ステルスでロックが解除されたり、③中距離(500m前後)では火力がGEKKO(ゲッコー)並み、と器用貧乏になる可能性もある。
Vortex(ボルテックス)×2遮蔽物に隠れて攻撃出来るが、射線が通っていないとこちらのアビリティー攻撃も当たらない。相性が良いとは言い難く、支援に徹するのがよいだろう。
Tulumbas(トランバス)×2威力はそこそこだが、非常にコスパがよい。これでも、内蔵武器を合わせると、総ダメージ・DPM(1分間≒継続火力)共にDragoon(ドラグーン)2~3本分近くになる。
 
 

Specification

レベル速度耐久値MK2ダメージMK2コスト強化時間
14091000110000128001536010kコンポーネント-
242970001170001410016920100k Ag2時間
3431030001240001550018600200k Ag5時間
4451100001320001700020400400k Ag14時間
54611700014000018700224402M Ag1日4時間
64812400014900020600247204M Ag2日18時間
74913200015900022700272406M Ag4日6時間
851140000169000250003000011M Ag5日4時間
952149000180000275003300017M Ag5日20時間
1052159000191000303003636036M Ag6日4時間
1152169000203000333003996052M Ag6日8時間
1252180000216000366004392070M Ag6日16時間

※表中の「ダメージ」は、公式ナレッジベースの情報を元にしています。この点、この値が「合計アビリティー・ダメージ(Vengeance:ヴェンジェンスと呼称されている)」の内、どの部分を指しているのか不明です。表の値は「基本ダメージ量」(ダメージ吸収分を0とした場合の最小ダメージ量)を表していると思われます(未検証)。なお、「合計アビリティー・ダメージ」=「基本ダメージ量」+「ダメージ吸収分」となります。

 
 

(内蔵武器について)
上記の「ダメージ」をさらに詳細に分析した結果が以下の表です。

レベルダメージ(単発)MK2総ダメージ(20発)MK2DPS(1秒間)MK2DPM(1分間)MK2
16407681280015360640076806402076800
27058461410016920--------
37759301550018600--------
485010201700020400--------
593511221870022440--------
6103012362060024720--------
7113513622270027240--------
8125015002500030000--------
91375165027500330001375016500137520165000
10151518183030036360--------
11166519983330039960--------
121830219636600439201830021960183000219600

※表中の--は省略しています。
※表中の値は、「ダメージ吸収分」を考慮していない。また、ダメージ吸収率は50%。つまり、シールド展開中に受けたダメージの半分を「ダメージ吸収分」としてカウントするようだ。
 ここで、、限界までダメージ吸収した場合の「ダメージ吸収分」「基本ダメージ」と同じ値
 従って「限界までダメージ吸収した場合の総ダメージ(MK2カンスト)(最大ダメージ)」は43920(基本ダメージ分)+43920(ダメージ吸収分:限界値)=87840
※同様に、表中の値をそれぞれ2倍したものが、限界までダメージ吸収した場合のDPS・総ダメージ・DPMとなる。
 (ただし、特にDPMは、単純に2倍には出来ないと思われる)

※新エコノミー導入後の機体。したがって、入手時期の違い(新エコノミー導入:2018年7月5日前後)により、強化時間と費用が異なることはない。常に最新の値が適用される。


 
 

コメントはありません。 Nemesis(ネメシス)/comment

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 効果時間:4秒